転職支援実績No.1の【リクルートエージェント】から転職市場にアクセスしましょう!

ないと

今回は、転職支援実績No.1のリクルートエージェントのご紹介です。

転職活動はまずは登録からです。今のうちからじっくりと自分のペースで情報を得るようにしましょう。

転職支援実績No.1

リクルートエージェントは、転職支援実績No.1の評価を得ています。その評価が、企業と人材側をさらに惹きつけるという好循環を生み出しています。

※厚生労働省「人材サービス総合サイト」における無期雇用および4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(2019年度実績)2020年6月時点

業界最大級の非公開求人数

転職支援実績がNo.1なのは、豊富な求人数があることも理由の一つです。

リクルートエージェントには、一般の求人サイトには掲載していない非公開求人が10万件※以上あります。

つまり、多くの情報は、会員登録しないとアクセスできないということになります。

※2020年8月時点

実績豊富なアドバイザーによる手厚いサポート

求人数がいくら多くても転職を成功へと導くにはそれだけでは不十分です。

リクルートエージェントなら、実績豊富なアドバイザーによる手厚いサポートが得られます。

具体例は以下のとおりです。

  • アドバイザーが、面談を行う中であなた自身まだ気づかれていない強味を発見します。
  • 非公開求人の紹介転職市場の動向、過去の事例などを考慮し、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人をあなたに紹介します。
  • 企業へのアピール職務経歴書や面接のアドバイスを行うだけでなく、アドバイザーからも企業にあなたの強みをアピールします。

相談だけでも問題なし

リクルートエージェントの会員登録をされた方すべてが、必ずしも転職の意思が固まっているわけではありません。

まず、あなたの思いや志向を確認した上で、アドバイザーが今後のキャリアプランを一緒に考えますので、相談だけでも問題ありません。

専門領域に特化した転職支援

リクルートエージェントでは、専門領域に特化した転職支援も行っています。

詳細は以下のリンクをご参照ください。

ITエンジニアの転職支援

ものづくりエンジニアの転職支援

ハイクラスの転職・高年収領域の転職

(参考)「リクルートエージェント」と「リクナビNEXT」との違い

「アドバイザーが伴走」と「自分で活動」の違い

リクルートエージェントでは、まず仕事選びの段階から情報提供が始まり、応募書類の添削や面接のアドバイス、面接の日程調整や企業との条件交渉など、求職者に伴走してアドバイザーが助言を行い、転職に必要な手続きを代行します。

一方、リクナビNEXTの場合は、仕事選びから応募書類の作成、日程調整などはすべて自分で行うため、マイペースに転職活動を進めることができます。

「非公開求人」と「公開求人」の違い

リクルートエージェントは、企業とあなたの間に立って転職活動をサポートする役割を担っています。保有している求人の多くは一般に公開していない非公開求人のため、 リクルートエージェントに紹介してもらわないと応募することはできません。

逆に、リクナビNEXTの場合は企業から申し込まれた求人をサイト上に公開しているため、掲載期間中であれば誰でも応募することが可能です。

リクルートエージェントがおすすめの方

リクルートエージェントは以下の方におすすめです。

  • 転職支援実績No.1のエージェントにキャリアの相談をしたい方
  • エージェントのサポートを得て効率的に転職活動したい方
  • エージェントのサポートを得て選考の通過率を上げたい方

リクルートエージェントが向かない方

例えば以下のような方には、リクルートエージェントは合わないかもしれません。

  • リクルートエージェントでの取り扱いが少ない求人をお探しの方

リクルートエージェントでの取り扱いが少ない求人について

これらの方の転職活動(あるいは情報収集)にはその他のサービスが向いていると思います。

関連記事

ないと

転職活動はまずはサイト登録からです。今のうちからじっくりと自分のペースで情報を得るようにしましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です